前へ
次へ

美容のトラブルになるニキビ

思春期にはニキビ肌がコンプレックスで、朝・夜には洗顔をしていたし、前髪が顔にかからないようにヘアピンでとめていたのに、炎症していた肌に改善の兆しは全くみえてこなかった、そうした10代を過ごしていました。
皮脂分泌が盛んな年頃だから、でも、そんなに単純な問題では正直ありません。
美容皮膚科の先生いわく、皮脂が外に出ずに中で溜まってしまうことが問題であることを指摘してくれました。
毛穴が塞がれると、皮脂が溜まったままになり、アクネ菌が繁殖してしまって炎症を起こしてしまうのです。
皮脂分泌が盛んでもよく、毛穴が詰まることが問題でした。
毛穴が塞がれるのは、古い角質が剥がれ落ちずにあるからで、普通は、自然に剥がれ落ちるものなのだそうです。
10代の頃は、オイリー肌で古い角質と皮脂が混ざって固まってしまい、角栓となり毛穴を塞いでいました。
私の場合、ニキビができる部分だけ乾燥している混合肌というタイプであった時期もあり、角質がくっついたままになりやすかったことも問題だったようで、それが20代になっても治らなかった大人ニキビの特徴でもありました。
10代ならば『思春期だから仕方ない』という諦めもありますが、大人ニキビは『スキンケアにだらしない』というイメージを周りに与えることにもなるようで、悩みはさらに深まりました。
肌荒れに近い状態でも、乾燥している状態でも、さらにオイリー肌という状態でもニキビができやすくなることを美容皮膚科の先生に教えていただけてからは、正しいスキンケアができています。
10代の頃は皮膚科にお世話になり、20代からは美容皮膚科にお世話になっています。
スクラブ入りのクレンジングや洗顔フォームで角栓の除去をしたり、メイクをするときには皮脂コントロールパウダーをはたきます。
毛穴が詰まれば、触ったときにザラつきがあったり、ファンデーションのフィット感がなくなるので目安にもなります。
そのときには、美容皮膚科で毛穴クレンジングを行ってもらっています。

美容系のスキルを身につけたい方におすすめ
施術スキルの他、経営ノウハウを学ぶこともできるので、将来自分でエステサロンを経営したい、独立したいとお考えの方に紹介します。

トータルビューティーサポートのエシェル
ヘアケアだけではなく、ファッションやメイクなどきれいになるためのお手伝いをしてもらえます。

着替えも準備のため手ぶらで施術を受けに来られます
施術時用の着替えもあるので、仕事帰りにそのままマッサージに来られても大丈夫です。

Page Top